Loving and Present

新築内祝いは値段設定しておくべし|相場を知ろう

通販では豊富な在庫がある

無添加で安全性の高い食品

一軒家

家を新築した人は、友人や知人から、新築祝いを受け取った人が多いですが、感謝の気持ちを伝えるために、新築内祝いのギフトを贈りたい人が増えています。
お祝いを受け取ってから、一か月以内に届くように配慮をしたいです。
新築内祝いのギフトは、日持ちのする洋菓子や和菓子などは、根強い人気がありますが、無添加で安全性の高いドレッシングやジャムなどもお勧めです。
家族構成やライフスタイルに合った商品を選ぶ必要があるため、じっくりと時間を掛けて選ぶ必要があります。
インターネット通販のお店を利用すると、豊富な商品が揃っており、事前に依頼しておくと、熨斗を付けてくれたり、メッセージカードも添えてもらえます。
人気の産地のお米や、お酒が好きな人には、日本酒やワインなども喜んでもらえます。
タオルはいくつ持っていても困らないので、新築内祝いのギフトにお勧めです。
日本製の素材を使用したバスタオルやフェイスタオルは、生地が毛羽立ちにくく、耐久性に優れており、お肌に優しいので、お子様のおられるご家庭にも喜んでもらえます。
暑い時期に新築内祝いを贈る場合は、フレッシュな果物を使用したジュースや、ゼリーやプリン、水ようかんなどの冷菓も喜んでもらえます。
インターネット通販を利用すると、迅速で丁寧な応対なので、安心して新築内祝いの品物を購入できます。
受け取った金額の半額から、3分の1ぐらいが相場なので、3千円から、一万円前後の商品がお勧めです。

マナーを守って

ファミリー

新築のお祝いをいただいたことへの感謝をあらわす新築内祝いは、どのようにすればいいでしょうか。
新築のお披露目の会を開いて、新築祝いをくださった方々を招くことができればそれが一番です。
しかし、諸事情でお披露目会を開くのがなかなか難しい場合もあるでしょう。
あるいは、お披露目会を開いても、遠方に住んでいる、スケジュールが合わないなどの都合で参加できない方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、新築内祝いを贈るのがマナーです。
時期としては新築後一、二か月以内に贈りましょう。
片付けなども一段落した頃かと思います。
のしは紅白または金銀の「蝶結び」のものを用います。
蝶結びはほどけても何回も結びなおせることから、何度あっても嬉しいことに使われるからです。
水引の上に「新築内祝」または「内祝」、水引の下に贈り主の姓を書きます。
新築内祝いの金額の相場は、いただいたものの三分の一から半額程度です。
ただし、特に高額の贈り物をいただいた場合は、感謝の気持ちを十分に伝えれば、必ずしもこの相場を満たしている必要はないでしょう。
新築内祝いの品としては「建物という器が完成したこと」にちなんで、カップ、グラス、漆器などの「何かを入れる器」を贈るのが昔からの習慣とされています。
ただ、あまりこだわる必要はないでしょう。
相手の好みがわかっていればそれに合わせてもかまいません。
一般的な定番のギフト、たとえばタオルやお菓子などの食品類なども一般的です。
食品類の場合は保存がきくものがよいでしょう。
また、先方に自由に選んでもらえるカタログギフトもおすすめです。

様々な商品があります

贈り物

マイホームを建てた際にお祝いをいただいたら新築内祝いを贈りましょう。
新築内祝いは慶事のおすそわけといった意味合いがあるのでそれほど高価なものを贈る必要はありませんが、贈る際には相手の家族構成なども考慮して家族全員の方に喜んでもらえるものを贈る方がスマートです。
まず新築内祝いでよく選ばれるのがタオルセットです。
タオルは何枚あっても困らないのでとくに高齢者世帯には喜ばれます。
またソバや素麺といった日持ちがして手軽に食べられるものも好評です。
ファミリー世帯には高級アイスクリームセットがおすすめです。
普段は口にしないワンランク上のアイスクリームであれば、子供たちにも喜んでもらえるほか大人にも食後のデザートとして楽しんでもらうことができます。
独身男性の方には高級レトルトセットが喜ばれます。
高級レトルトセットであれば仕事で遅くなったときなどにも手軽に食事をとってもらえるほか、洗練された食材を使用しているのでリッチな気分も味わってもらえます。
独身女性の方には入浴剤などもおすすめです。
ギフト用の入浴剤には様々な趣向を凝らしたものが多いので、若い女性の方にはとくに喜んでもらうことができます。
新婚世帯にはカタログセットがおすすめです。
カタログセットであれば好みに合わせて選んでもらえるので、何かと物入りな新婚世帯にはとくに喜んでもらうことができます。
新築内祝いはいただいたお祝いの半額程度が相場となっています。
予算を金額で調整したい場合は、おおよそ3000円から5000円程度の範囲内で調整すれば無理なく新築内祝いを準備することができるでしょう。