Loving and Present

新築内祝いは値段設定しておくべし|相場を知ろう

新築祝いのお返しマナー

新築お披露目会の代わりに

男性

家を建てた時に新築祝いをいただくことがあります。
新築祝いをいただいた場合、引っ越し後から2カ月以内の間に、お祝いを下さった方々を新居に招待し、料理などをふるまいながら新築お披露目会を行います。
この新築お披露目会を新築祝いのお返しとするのが、本来の新築内祝いのあり方になります。
新築祝いで飾り物などをいただいた場合は、招待するときに新居に飾っておくと大変喜ばれます。
このように、お祝いを下さった方々に感謝の気持ちを込めて、新居を見ていただくのが真の新築内祝いの目的となります。
しかし、お祝いを下さった全ての方々を招くことは難しくもあります。
新築祝いは、両親・兄弟・親戚・友人・職場関係の人など、様々な繋がりでいただきます。
その繋がりごとに新居に招待することは現実的にできないこともあります。
そこで、新居に招待できなかった方々に、新築お披露目会の代わりに新築内祝いとして物を贈ります。
新築内祝いを贈る場合、新築祝いをいただいてから遅くても2カ月以内には贈るのがマナーです。
また、新築内祝いの相場ですが、いただいたお祝いの3分の1から半分を贈ります。
友人や職場関係の方であれば、いただくお祝いの相場は5千円から1万円となりますので、新築内祝いは3千円から5千円を目安にすれば間違いはありません。
しかし、「新築で何かと物入りでしょう」と、親戚から多額の新築祝いをいただくことがあります。
この場合、一般的な新築内祝いの相場でお返しをすると、高額な新築内祝いとなり、親戚側も逆に複雑な心境になることがあります。
その為、高額な新築祝いを下さった親戚は、両親や兄弟たちと一緒に新築お披露目会に招待して、心を込めたおもてなしをするのが良いでしょう。
そして、帰る際にお菓子の詰め合わせなどの手土産を持って帰っていただくようにすると尚良いでしょう。

最近のギフト事情

一軒家

新築内祝いとは、本来新居に招いてお食事やお酒などをふるまいます。
しかし、住居の場所が遠かったり、双方の都合がつかない場合などありますので、新築祝いを送ってくださった人や近しい人に、新居に招く代わりに贈り物を贈る習慣になっています。
新築祝いのお返しは、通常はお祝いを頂いてから、1ヶ月以内に新築内祝いを贈ります。
そこで、新築内祝いとして、お返しの品は、相手に気兼ねなく使ってもらえる実用品や食品を中心に選ぶと相手に喜ばれます。
実用品の中でも食器や調理器具、キッチン用品やタオル、石けんや洗剤など多種多様存在していますが、すべてにおいて、相手に喜ばれることが多い品物です。
特に、家は人が住む容れ物というイメージから、漆器や陶磁器などの器を贈る場合もあります。
一方、食品では、和菓子洋菓子などの詰め合わせや、コーヒーなどの飲料品などがあります。
しかし、最近はカタログギフトが大変人気を誇っています。
カタログギフトとは、食料品、実用品、日用品まで幅広い種類の品物から相手に選んでいただく形の贈り物となります。
相手に選んでいただけるので、贈り物に頭を悩ませることもなく、相手も自分の好みの品物を選べるという利点があります。
さらに、カタログギフト自体にも価格帯がありますので、コストに関しても、頭を悩ませる必要がありません。
また、新築内祝いには、タブーとされている贈り物はありません。
しかし、一般的に贈り物としてふさわしくないと考えられる贈り物はやめる必要があります。

新築披露が内祝い

風呂敷

いろいろなお祝い事に対して、お祝い金やお祝いの品物をいただくことがあります。
それに対してのお返しを内祝いといいます。
新築を建てた場合も、新築祝いをいただいたら、新築内祝いをお返しするのがマナーです。
新築内祝いの場合、他のお祝い事と少し異なる点は、基本の内祝いが新居への招待、新築のお披露目会であるということです。
お披露目会に招待し、軽食をふるまい、お菓子などの手土産を渡すことが新築内祝いとされています。
新築後、1〜2カ月の間で、家の内装がよく見える昼間に行います。
いただいた新築祝いの商品は、見えるところに飾っておきましょう。
しかしながら、お披露目会はしない場合や、遠方であるといった理由で招待できない場合があります。
そのときは、新築内祝いとして品物でお返しをします。
新築に引っ越してから、1ヵ月以内に送付するのがマナーです。
金額の目安は、いただいた金額の3分の1から半額程度です。
これはどの内祝いに対しても、同じマナーといえます。
のしの表書きは新築内祝い、増築や中古住宅購入、リフォームの場合は、内祝いとします。
水引は赤白の蝶結びを選びます。
新築内祝いの品物は、家から「入れ物」「器」を連想することから、食器や花瓶などが定番とされてきました。
ただ、最近は、相手の好みも考慮して、日用品や食品などのお返しも増えてきています。
また、内祝いで人気があるのがカタログギフトです。
いろいろなジャンルの商品から、相手の好きな商品を選んでもらえるシステムです。