Loving and Present

新築内祝いは値段設定しておくべし|相場を知ろう

日用品や食品が一般的

少し背伸びした高級品を

贈り物

新築祝いをいただいたら、新居にお招きして軽いおもてなしと共に家を見てもらうのが本来の新築内祝いです。
しかし来られない方や遠距離の方には、金額にもよりますが半額から3分の1程度の新築内祝いの品をお礼状と共に贈るのが一般的です。
最近の新築内祝いとして注目を集めているのがカタログギフトです。
受け取った人が好きな商品を自由に選べることが人気の理由です。
金額も3千円、5千円、1万円と細かく分かれていることと、商品も雑貨や家具、電化製品や食品など、それぞれの金額に応じた豊富なジャンルと品揃えが魅力です。
また、食品に特化したものや日用品に特化したカタログギフトもあり、贈る方としても相手の好みや嗜好を考慮する必要が無いことから多くの人に選ばれています。
また、形の残る物では無く、使ってなくなるものや日用品、食品などを贈るのが一般的なためタオルセットやコーヒーセット、洗剤や入浴剤の詰め合わせなども人気ですが、何れも自分では高価なので買わないような、少し背伸びをした商品を贈ると喜ばれます。
なお、ハンカチセットは「別れ」を意味するので縁を切りたがっていると思われる場合があるので注意が必要です。
お茶も一般的には香典返しなどに使われることが多いので、新築内祝いとしては選ばない方が良いでしょう。
親しき仲にも礼儀ありですので、身内や友人であってもきちんとした形でお礼をすることが大切です。
相手の喜ぶ姿を想像しながら心のこもった贈り物を選びましょう。

内祝いの好適品やマナー

模型

内祝い品には、シーン別に特に相応しいとされる品があり、百貨店などでも積極的に販促活動が行われます。
現在では、必ずしもしきたりに捕らわれることなく内祝い品がやり取りされていますが、品物選び迷った時のために好適品を覚えておくと役立ちます。
新築内祝いの場合は、食器類が好適品として考えられています。
家が完成したことにちなんで、器を贈るのがこのような風習の背景にあります。
家も器も入れ物という共通点があり、縁起をかついで器を新築内祝いとする習慣が日本では受け継がれてきました。
昨今でも、食器類は新築内祝いで選ばれることが多い品物です。
手ごろな価格で見繕いやすく、実用性にも優れるのが食器類の良さとなります。
大手百貨店では、新築内祝い品のラッピングサービスなども提供します。
新築内祝いの際には蝶結びの水引が選ばれることから、ラッピングサービスでは、水引に似た蝶結びのリボンをプラスします。
熨斗をかけないカジュアルな新築内祝いも、こういったラッピングサービスを利用すれば、新築内祝いに相応しい雰囲気が出ます。
基本的なマナーを知っておけば、自分流にアレンジをしながら新築内祝いを選んでいくことが出来ます。
身近な方へ贈る場合は、先方の好みに合わせて品物を選ぶのも、最近のスタイルです。
スイーツやフード、タオルなどは、新築内祝いで頻繁にやり取りされている品に挙げられます。
相手に合わせて品物を変えれば、喜ばれるギフトが贈れます。

基本を押さえて贈ろう

ギフト

新築祝いを頂いたら、引越しをして1ヶ月か2ヶ月以内に新築内祝いを贈るのがマナーとなっています。
元々は、新築した家に先様をお招きしておもてなしするというのが本来のあり方でした。
ですが、最近では、新築祝いを下さった方に対してお返しという意味合いを込めて新築内祝いをお送りするのが一般的な方法となっています。
新築祝いを頂いたら、すぐにお礼状をお出しすることも忘れてはいけません。
贈った相手としては、無事品物が届いたかどうかを気にしていることが多いためです。
新築内祝いを贈るにあたっては、基本的なマナーとして、頂いたお祝いの1/3から半額程度の品物をお贈りすることとされています。
また、相手から頂いた品物よりも高額の品物をお返しするのは、かえって失礼にあたると考えられています。
そのため、まずは相場を知るために、頂いた品物の金額をネットなどで検索して調べてみましょう。
ただし、場合によってはとても高額のお祝いを頂くこともあります。
そのような時には、必ずしも半額をお返しする必要はありませんが、気持ちが伝わる贈り物を選ぶようにしましょう。
新築内祝いを選ぶ際には、結婚や出産の内祝いなどと同様に、カタログギフトやタオルなどの日用品、お菓子などがおすすめです。
カタログギフトは贈った方が自由に好きなものを選べる点が人気ですし、タオルなどの日用品は、どこのお宅でも使われるものですので、数があっても困りません。
お菓子を贈る際には、日持ちのするものを選ぶのがコツです。